×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食べ物アレルギーの症状について



食べ物アレルギーは大人でも発症することがあります。子供だけのものと思われがちですが、大人の方も気をつけなければなりません。

では、食べ物によるアレルギーにはどのような症状があるのでしょうか。一番多い症状が皮膚症状です。アレルギーが皮膚に出る状態ですね。

皮膚がかゆくなる。皮膚が赤くなる。赤い斑点が出来て、肌がぶつぶつになる。顔が腫れてしまう。

これらの症状を皮膚症状と呼びます。特定の食べ物でこういった症状が出るのであれば、要注意ですね。

また、症状が呼吸器に出ることもあります。咳がたくさん出たり、息が苦しくなったり、呼吸困難になったりします。

いわゆる喘息と同じような症状ですね。皮膚症状、呼吸器症状の他には粘膜症状があります。粘膜症状は口の中や目が赤く腫れてしまう状態です。

そして消化器症状。腹痛、吐き気、下痢、などの症状が出てきます。よくある症状なので、アレルギー症状だと気づかないことも多いようです。

そして怖いのがショック症状。これはかなり重症な状態で、アナフィラキシーショックとも呼ばれています。

かなり重症ということもあり、アナフィラキシーショックを起こす確率はとても低いです。

[PR] とある魔術 携帯コミック俺妹 携帯コミック温泉まんじゅうくん デコメ和ごころ ケータイアレンジ


だるがりTOP